読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ending OK!

懐中電灯が好きなんです

OLIGHT I25

f:id:porcellioscaber:20130719212110j:plain

Output 205lm/1.5h,6lm/80h

 

自転車用ライトとして人気があるOLIGHT T25の姉妹機。IはInfinitumの略で、光量を6-205lmの間で無段階に調節できるのが特徴。

f:id:porcellioscaber:20130719212148j:plain

使用電池は単3×2本。

比較的軽いのでハンドルバーにマウントするのに都合がよいのです。自転車用は高い割に暗く、壊れやすい(最近は明るいのが増えていますが、相変わらず脆いような。私が1000円で買った自転車用ライトは、1回路上に落としただけで壊れました。安物とはいえ、脆すぎる)。

しかし懐中電灯を流用すれば、割と安価で、堅牢なものが使えます。ホルダーから取り外せば当然普通のライトになるわけで、汎用性も高いです。

f:id:porcellioscaber:20130719234613j:plain

ライトホルダーの紹介。ユニコのバイクライトホルダーです。マジックテープで本体とハンドルバーに固定する単純な作りですが、本体がゴム製なので見た目以上の固定力があります。これくらいの重さ・大きさのライトなら大丈夫です。

f:id:porcellioscaber:20130719212433j:plain

CREE XR-E(R2)を使用しています。新型と比べれば当然効率は劣るわけですが、XR-Eは集光能力が高いので、今のT25シリーズより好きだったりします。XP-Gを搭載した最新型はリフレクターが浅いこともあり、拡散して光が届きにくいのです。

 

f:id:porcellioscaber:20130719212402j:plain

左がI25、右がT25(V2010)です。このT25はXP-G(R5)を使用しており、スペック上では少し明るいのですが、光が拡散するせいかあまり明るく見えません。230lmとのことなのですが、実際に使うとI25の方が明るく見えるような気がします。飛距離が出ないせいでしょうか。

T25の方がヘッドが1回り程小さく、リフレクターも浅くなっています。おかげで16g軽い(I25は89g)。

 

f:id:porcellioscaber:20130719212322j:plain

スイッチはフォワードクリッキーで、間欠点灯ができます。初期のT25 Regularでは間欠点灯ができないスイッチが付いていたのですが、この機種以降のT25にはこのタイプのスイッチが標準で付くようになりました。

スイッチのゴムは交換できます。本当は黒いスイッチカバーが付いていますが、同社のM20についていた蓄光タイプに交換しました。便利です。T25シリーズにも標準搭載してほしいものです。

f:id:porcellioscaber:20130719231140j:plain

f:id:porcellioscaber:20130719231152j:plain

このように、中心に強めのスポットがあり、その周辺に光が広がる配光です。きれいな配光で、個人的には好きです。

 

売りの無段階調光機能ですが、こちらはあまり良くありません。

好きな明るさに設定できるのは確かに便利ですが、そこまで細かく設定する必要がある場面があるかというと、なかなかないものです。通常の弱-中-強タイプの方が切り替えに時間が掛からず便利だと感じます。

使っていて、電池がどれだけ持つのか分からないのも問題です。光量最大時、最小時のランタイムは表記されていますが、無段階調光ゆえに、その途中のモードでの電池寿命は計りようがありません。

実際人気がなかったのか、この機種以降無段階調光を搭載したものはありません(少なくともTシリーズでは)。

 

他に、ストロボ、SOS機能が付いています。消灯後すぐにスイッチをONにすることで切り替わります。まあ、私は使ったことがないです。むしろ邪魔に感じます。

 

調光機能以外の点ではいい機種ではないでしょうか。とにかく、調光が面白いです。実用性で劣っても、「こんなのもあり」と思わせるライトです。