読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ending OK!

懐中電灯が好きなんです

かつて持っていたライトの思い出

諸事情で今は手元にないライトについて。

 

LED LENSER T7

5年ほど前に4482円で購入。単4×4使用。max167ルーメンだっただろうか。今のはマイナーチェンジで200ルーメンまで上がっている。自分が持っていたのはダイが黄色いタイプのXR-Eが乗っていた。200ルーメンタイプには銀色のダイのXR-Eが乗っている。

間欠点灯可能なスイッチを搭載した、フォーカス機能付のライト。ヘッドを前後に移動させてフォーカスを調節する。調節幅が大きく、広範囲を均一に照らしたり、集光させて一点を明るく照らすことができる。リフレクタータイプに比べると照射パターンが汚くなりがちですが、使用中は気になりません。

モードは3つ。ターボモード(167lm)、Hi(126lm)、Lo(10lmくらい?)の3モード。正確な明るさは覚えていませんが、確かこのくらいです。ターボは特殊で、スイッチを半押しにしているときのみ使えます。

ちょっと重めながらも使い勝手が良いライトだったのですが、自転車につけっぱなしにしていたらあっさり盗難にあってしまいました('A`)<F○○K!

 

GENTOS SF-503X

Luxeon K2搭載。単2×3で160ルーメン。

Hi、Mid、Lo、加えて点滅もあった気がします。

コリメータレンズで集光するタイプなのですが、非常に照射範囲が狭いです。足元を照らすにも狭すぎる。T7とは違いフォーカス調整もできないので使いどころに困るライトでした。

明るさもいまいちで、160ルーメンと言いつつもT7の126ルーメンより明らかに暗いという有様。

単2という持ちのいい電池を採用したのはいいと思うんですがね。他は微妙です。

後継機では少なくとも、フォーカス機能が搭載されたことで照射範囲に関する問題は解消されていると思います。

 

GENTOS HW-733H

単3×3使用のヘッドライト。明るさは85ルーメン。バッテリーパックとLED部が分離したタイプです。モード調節はSF-503Xと同じだった気がします。

バッテリーパック側に赤色灯が付いています。私は使いませんでしたが、需要はあるのでは。

SF-503X同様、コリメータレンズのせいで照射範囲が狭く、困りました。ヘッドライトならもっと近距離を照らす必要があると思うんですがね。

配光が良ければ特に欠点がない製品ではないでしょうか。