Ending OK!

懐中電灯が好きなんです

MIL-TECH XENON BATON(本編)

f:id:porcellioscaber:20140103165041j:plain

f:id:porcellioscaber:20140103164724j:plain

※写真はスイッチ換装後のもの。

マイナー。マグライトのようなものを目指したと思われる。

アウトドア用品店の在庫処分で3980円で購入。定価は7000円台らしい。

元々は電球式で、フォーカス機能も付いている。やり方はマグライトと同じで、ヘッドを回すと調節可能。電球にしてはかなり明るく、60ルーメン出る。SUREFIREのP60には負けるが、あまり変わらない。ナカナカヤルジャナイ

ボディがかなり厚い。マグライトの倍くらい厚いんじゃないか。丈夫そうだが、その分重いです。

全体的な作りは粗め。マグライトのほうが良い。特にスイッチはひどく、SUREFIREと同じ押して間欠点灯、締めて常時onするタイプだが、作りが悪くスイッチがぐらつくので、off時にスイッチをちょっと触っただけで点灯してしまう。

そんなBATON君だが、他のライトにない特徴を持っている。それはP60バルブや、その互換品を使用できる点。ただし条件が有り、そのままでは+極に電池が届かず使えない。なのでスペーサーを噛ませて使用。

そこで2~3cmのスペーサーを作ってみた。スプリングにアルミホイルを詰めて周りをビニールテープで絶縁しただけのもので、作りは目も当てられないほど。でも導電はちゃんとしてくれる。

P60互換を装着した時の他のデメリット。バルブの長さにもよるが、ヘッドが閉まりにくくなる。おかげで防水性が低下してしまう。結構ギリギリなので、レンズ部も少し緩める必要がある。

f:id:porcellioscaber:20140103164847j:plain

本来の姿(最ワイド時)

f:id:porcellioscaber:20140103164803j:plain

P60互換バルブを装着するためにはここまで緩めないとNG

 

P60互換バルブは3つ持っているが、今回はsolarforceのXP-Gモジュールを装着。

f:id:porcellioscaber:20140103165134j:plain

f:id:porcellioscaber:20140103165159j:plain

このバルブについて:hi-mid-lo-ストロボ-SOSの5モードタイプ。明るさは280lmくらい。買ってから分かったが、midとloはPWM調光。個人的にはよろしくないポイント。

また、LED周りに接着剤のようなものが見えていて汚い。作りが悪いのは値段を考えればしょうがないのか。

f:id:porcellioscaber:20140103165318j:plain

表記通り280ルーメンくらい出ている気がする。中心光は強めだが結構拡散し、意外と飛ばないかも。

何をつけるかにもよるが、性能は大きく上がる。明るさは3倍以上、電池寿命も伸びる。何より、本来は高価なリチウム電池を要求するバルブが単3電池で動くことが嬉しい。

前述のとおりスイッチの出来がよろしくないので、社外品に変えると幸せになれます。実はsurefireの6Pシリーズと互換性があるんです。さすがにsurefireのスイッチは高いので、solarforceで代用。しっとりとしていて、それでいてちらつかない、すっきりとしたタッチに。

まあ、あくまでも実用的ではなく使用可能なだけですから、過度な期待はしないように。ヘッドが閉まりきらないため防水性はないに等しいし、スペーサーを噛む分接触に不安が残る(もっとまともなスペーサーを作れるなら改善するかも?)。

f:id:porcellioscaber:20140103170355j:plain

最後に比べてみました。

 

   |     
   |  ('A`)    イトテキニ P60ヲ ツカエルヨウニ シタワケジャ ナインダロウケド オモシロイ
  / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄