Ending OK!

懐中電灯が好きなんです

Eagletac D25C2 (日亜化学工業 219搭載モデル)

f:id:porcellioscaber:20140529192243j:plain

明るさ(Turbo/HI/MID/LOW)420/287/37/7 lm

電池寿命(CR123A*2)1.5/2.5/18/100+ hours

 

Eagletacのライト。D25C2という機種自体は2〜3年前からあったようだが、日亜化学工業製LEDを積んだモデルが出たのはおそらく最近になってから。5700円くらいで購入。

 

最大の特徴はLED。演色性(どれくらい本来の色に近く見えるか)に優れている。一般のLEDでは大体80CRI程度だが、これは92もある。

光色はニュートラルホワイトで、普通のクールホワイトに比べて色温度が低い(5000K)。見やすい色である一方、ニュートラルホワイト、さらに高演色モデルの宿命か、発光効率は低い。B11ランクのLEDを搭載しているみたいだが、Nichia - Flashlight Wikiを見て効率を調べてみたら、350mAで110〜120ルーメンらしい。これは、CREEのLEDでいうQ5~R3ランクくらいに相当し、他の暖色LEDと同じく効率はよくない模様。

f:id:porcellioscaber:20140629221416j:plain

f:id:porcellioscaber:20140629221201j:plain

f:id:porcellioscaber:20140629221217j:plain

 サイズはXP-Gと同じくらい。

スイッチはリバースクリッキータイプ(押し込んで離した時に点灯)。なのでボタン半押しで一時点灯はできません。

ヘッドを緩めているときはlowから点灯。消灯後すぐに再点灯させることで、low→mid→hi→low・・・とモードが変化。3周目に入るとストロボ→高速ストロボ・・・と、SOSやストロボモードへ変化する。ヘッドを閉めた状態では、turboで点灯し、モード変更でturbo→ストロボ→turbo・・・のループ。ストロボ系モードは非常に種類が多くてややこしいので、詳細なモード変化はこちらをご覧ください。EagleTac - D25C2 Clicky - Technical specifications

midは数値の割にずいぶん明るく感じます。表記では37ルーメンなのに、体感では60ルーメンくらい。

惜しまれるのはモードメモリーがない点。自分の場合、できればmidくらいをメモリーしてくれればよかったのだが、残念。

夏場のHiモード以上での運用には注意。筐体が小さいので2~3分で暖かくなってきます。それ以上つけると低温やけどになるかもしれないので気をつけましょう。

f:id:porcellioscaber:20140629221518j:plain

EDC(常に持ち歩く)を想定されているためか、ヘッドとスイッチの位置を逆にして、クリップの向きを変えることができる。

f:id:porcellioscaber:20140629221353j:plain通常時

f:id:porcellioscaber:20140629221549j:plain

入れ替えた状態

 

リフレクターが浅く、光は拡散するタイプ。明るさの割にはそんなに飛びはよくない。近距離を照らすのに向いた配光。リフレクターとLEDのサイズが似たOlight T25-Tに近い。先日昆虫採集に使ってみましたが、近くを照らすにはとても使いやすいです。スポット部がまぶしすぎず、周辺光も十分に確保しています。

f:id:porcellioscaber:20140729203053j:plain

約3mから。

 

演色性をニュートラルホワイト同士で比較して見ました。対象はP20A2。

f:id:porcellioscaber:20140729202608j:plainD25C2(本機)

f:id:porcellioscaber:20140729202541j:plainP20A2

・・・よくわかりません。異なる条件だと差が出るのでしょうか?

 

明るさ重視の人にはおすすめできないが、暖色系LEDライトがほしいなら候補に入るだろう。小型で高出力、とても使いやすい。