Ending OK!

懐中電灯が好きなんです

Lumensfactory D26 90-CRI ドロップインモジュール(高演色モデル)

対応電圧:3.6~13V

 

Lumensfactory製のP60互換バルブ。明るさ最大300〜400ルーメン程度。値段は覚えていませんが、多分2500円くらい?

f:id:porcellioscaber:20140910194912j:plain一番左が比較用のP60バルブ、その右が本品。一番右はD25C2。中間部の銀色は放熱用に巻いたアルミホイルです。

f:id:porcellioscaber:20140910200848j:plain

f:id:porcellioscaber:20140910200837j:plain

痛恨のセンターズレ。痛いですね・・・これは痛い。実用上は問題ないが気になる。

機能は至って普通。消灯後、約3秒以内に再点灯させると、5%出力→30%→100%→5%・・・とモードが切り替わる。3秒以上後に点灯した場合、最後に使ったモードからスタート。モードメモリー付きです。

明るさ自体はバランスがとれているのですが、PWM調光なのが悔やまれるところ。5%、30%ではなんとなくちらついているのが解ってしまいます。惜しい。

LEDはXP-G。それだけなら普通だが、このXP-Gは高演色モデル。通常のLEDに比べ本来の色が見やすくなっています。演色性は90CRI。この数値が高いほど本来の色に近く見えるらしい。一般のLEDは大体80CRI程度らしい。私は違いを体感したことはありません。

演色性を体感できないにしても、光色がウォームホワイトなのでそれだけで価値がある。ニュートラルホワイトよりもさらに赤っぽく、暖色寄り。電球と同じ色とは行きませんが、良い線は行っているでしょう。

f:id:porcellioscaber:20140910195926j:plain左がこれ、右はD25C2(420ルーメンモード)。互換バルブのほうがスポットが強く、明るさは同じくらい。D25C2もニュートラルホワイトで暖色寄りなのだが、ウォームホワイトに比べたらまだまだ白い。キセノン球の色を赤っぽくした感じ。

 

光はまあまあ飛ぶ。ギリギリ100m飛ぶくらいだろうか。それでいて周辺光も多く、バランスがいい。

LEDにしては燃費がよくない。ウォームホワイトで演色モデルとなると、どうしてもLEDの発光効率が悪くなってしまうのでしょうがない。体感だと電池寿命はCR123A2本で2時間弱だろうか。

 

絶対性能では劣っているものの、暖色LEDが欲しいなら一考の余地あり。PWMが気に入らない人は1モードモデルを買うべし。PWMだと知っていたら自分も1モードを選んだだろう。