読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ending OK!

懐中電灯が好きなんです

ちょっと古いライト HITACHI S-1212

HITACHI 懐中電灯

f:id:porcellioscaber:20150215230524j:plain

使用電池:単1*2

電球:日立G-25-5A(G球2.5V0.5A)

電池寿命:約6時間(R20P乾電池使用時)

近所の金物屋に眠っていたのを購入。定価800円のところが720円(税抜)。

わざわざ古いライトを選んだせいで店の人が驚いていた。

店員(店主?)「電球なのであまり明るくないので、使うならLEDの方がおすすめです」

私「いや古いのでいいんです。古いのが欲しいんです」

店の人は結構不思議がっていましたねぇ。当然です。

買うと言ったら、店員が「古いものなので電球が切れていないかチェックさせてください」というので、してもらった。そこで電池を入れてチェックしてもらうと、点灯せず。「やっぱり切れてるのか?」などと言いながら、同型のライトのパッケージをわざわざ開封して電球を入れ替えたり、店の人の父親までやって来たりもしましたが、結局のところ原因はチェック用の電池が切れているだけだった。色々やってくれたのはありがたいが、10分近くかかってしまった。ようやく入手。

f:id:porcellioscaber:20150215224626j:plain

f:id:porcellioscaber:20150215224957j:plain

f:id:porcellioscaber:20150215230545j:plain

オゾンやら紫外線やらで紙はかなり色あせているが、パッケージに(税抜)と書かれているあたり、そこまで古い物ではない模様。製造は1990年後半くらいだろうか。フックが付属。最初は店の展示用かと思ったが、家の壁にネジで固定してそこにライトを吊るすためにあるらしい。古い。

今では珍しい日本製。まず日立の懐中電灯はそんなに見たことがなかったので、そこも珍しく感じた。

f:id:porcellioscaber:20150215230536j:plain

f:id:porcellioscaber:20150215230611j:plain

青いボディとスイッチ。スイッチ表面の素材は本体と同じ。Nationalのライトではスイッチ部は普通の金属で出来ているが、HITACHIでは違うようだ。他の部分はあまり変わらない。

時間が経つほどこういう旧式のライトを入手するのは難しくなるだろう。できるだけ今のうちに手に入れていきたいところ。

f:id:porcellioscaber:20150215230643j:plain付属のフックには夜光塗料が塗られていた。良い配慮ですね。