読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ending OK!

懐中電灯が好きなんです

メインで使っているノートPC DELL N5110

PC

f:id:porcellioscaber:20150421210322j:plain

f:id:porcellioscaber:20150421210311j:plain

【CPU】 Core i7 2630QM
【メモリ】Hynix DDR3-1333 4GB*1 
【電源】 ACアダプタ(90W)
【HDD】Western Digital WD6400BPVT
光学ドライブPanasonic UJ-240
【グラフィックボード】 HDグラフィックス3000 
【OS】 Windows7
【ディスプレイ】 15.6インチグレア液晶(1366x768)
【その他周辺機器】 Intel Centrino® Wireless-N 1030

【その他】USB2.0ポート*2(内1つeSATAと兼用)、USB3.0*2、HDMIポート、Dsubポート、SDカードスロット、Office personal 2010、McAfee 3年版
【合計金額】 65000円

オフィス付きで安くて高性能、なんていう都合の良いPCはないだろうか?普通はそんなもんねぇよ!となる所だが、そんな時にこのPCに巡りあいました。

この値段でまさかのi7。国内メーカーのものだとこの価格帯ではCeleron、良くてPentium。一方でコイツにはi7が載っているのだから、それだけで欲しくなった。しかも末尾がMじゃなくQMである。4コアなのだ。メモリも4GBと十分で、1枚差しなのであんまり速くないがCPUと違って後からどうにでもなる。

ドライブが何気にブルーレイ。ここは別に無くても良かったが、あるに越したことはない。BD再生ソフトとしてPowerDVD9.6が付属。AACS絡みなのかシークすると止まることもあるが、一旦停止して再生しなおせば一応大丈夫。

CPUの性能について。ベンチマーク(passmarkなど)ではi7-860とi5-750の中間くらいのスコアを出すらしい。少し前のデスクトップに並ぶのだからすごい。実際使っていてもCPU使用率が上がることが殆ど無い。ウイルススキャンで大体50~60%になるくらいで、スキャン中も動作が重くならない。

ただ実際は、余程重い動作をしない限りその高い性能は感じられなかったりする。クロックが低め(ターボ時最大2.9GHz)というのもあるだろう。起動、ネットサーフィンをするくらいならCPUはフルに使われないので2コアでも(多分)変わらない。本領発揮はベンチマーク、動画編集などマルチスレッドを活かせるもので。

欠点:

HDDの速度が遅い。起動に90秒くらいかかる。保証はなくなりますが、SSDに換装すると幸せになれます。実際私はIntelの330に乗り換えて幸せになれました。

筐体の作りが安っぽい。ディスプレイ周りは軟らかめのプラスチック丸出しで高級感は感じないし、耐久性も何だか頼りない。ここは価格相応。

タッチパッドの反応が悪い。個体差なのかもしれないが、ソフトで調節しても反応が鈍いので実用には厳しい。なので普段はLogicoolのM235を使っています。

HDDの交換が困難。上でSSD化したと書きましたが、結構大変でした。HDDを取り出すのに、部品をほぼ全部外す必要があるのです。裏のネジを外し、メモリを覆うカバーを外し、キーボードを外し、ディスプレイと無線LANカードを外し・・・最後に基板も本体から外さないといけません。これではHDDが故障した時に困ります。メモリのようにカバー1つ外せばアクセスできる構造にして欲しかった。もちろん分解なので保証はなくなります。

熱い、そして少しうるさい。前世代のデスクトップに肉薄する性能!と2630QMを散々褒めていましたが、欠点はちゃんとあります。コアが多いということは熱源も多いということ。2コアモデルに比べてTDPが10W高い分、しっかりと熱を出してくれます。アイドル時で大体50℃(室温22℃ほど)で、ブラウザなどを立ち上げるだけで瞬間的に60℃近くになり、ファンが回り出します。動画のエンコードに至っては80℃を超える爆熱ぶり。熱暴走こそ起こしませんが、ここまで熱いとやっぱり心配。底面を浮かすなど、冷却には気を使いたい。

現在はSSD化の他、メモリを4G*2(CFD Elixir DDR3-1333)に換装しています。RAMディスクでSSDの負担を減らすためにはメモリは多めに欲しいところです。

 

結論:高性能で安く、熱いとか多少の欠点もあるが値段を考えるともう許せるぞオイ!