読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ending OK!

懐中電灯が好きなんです

ASUS Vivotab note 8 L80TA-DL32S

PC

f:id:porcellioscaber:20150621212213j:plain

f:id:porcellioscaber:20150621214829j:plain

OS:Windows 8.1
表示機能:8型 1,280×800ドット(WXGA)
CPU:インテル® Atom™ Z3740
メモリ:2GB
ストレージ機能:eMMC:32GB
グラフィックス機能:インテル® HD グラフィックス (CPU内蔵)
無線機能:IEEE 802.11a/b/g/n Bluetooth V4.0
カメラ機能:126 万画素Webカメラ(前面) 500 万画素Webカメラ(背面)
オーディオ機能:インテル® ハイデフィニション・オーディオ準拠 ステレオスピーカー内蔵 アナログマイク内蔵
インターフェース:microUSB×1、microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
搭載センサー:GPS電子コンパス、加速度センサ、ジャイロスコープアンビエントライトセンサ
主な付属アプリ:Microsoft Office Personal 2013
バッテリー機能:駆動時間:約11.8時間 充電時間:約3.3時間
電源:ACアダプターまたはリチウムポリマーバッテリー (1セル)
本体カラー:ブラック
サイズ:220.9 ×133.8 ×10.95 mm (WxDxH)
質量:380 g

(メーカー公式サイトより)

 

買って1ヶ月ほど経ったので少し感想を書いていこうと思います。

ASUSWindowsタブレットパソコン工房のセールで21384円(税抜19800円)で購入。

スマートフォンより大きい画面で、そしてPCでしか動かせないソフトを出先で使いたいなぁ、ということで購入。かつてNexus 7(初期版)を持っていましたが、案外電池が持たない&筐体の発熱が大きめ、何よりスマートフォンと役割がかぶってしまったために結局売ってしまいました。そんな反省を踏まえて今回はWindowsタブレットを選ぶことに。Baytrail-Tのatomにも期待です。

この値段でメモリ2GB、Z3740、office付きとなかなかのスペック。大体2万円前半だとZ3735Fでメモリ1GB、officeなしがほとんどですが、これはいい感じ。CPUの性能差はpassmarkで10%くらい違っています。最高クロックはほとんど変わらないのですが、メモリ帯域のせいでしょうか?(Z3740がデュアルチャネル対応で17.1GB/s、Z3735Fが非対応、10.6GB/s)

f:id:porcellioscaber:20150621215117j:plain左上にあるmicroSDカードスロットとWindowsボタン

microSDカードスロットには最初からSDが内蔵されている。ただし、バックアップ用のデータが入ったものなのでくれぐれも無くしたりフォーマットしないように注意。

f:id:porcellioscaber:20150621215132j:plain右上:左側が電源ボタン、右が音量ボタン

f:id:porcellioscaber:20150621215147j:plainペン収納部(右下)

f:id:porcellioscaber:20150621215152j:plainここに収納されています

f:id:porcellioscaber:20150621215234j:plain側面の右クリックボタン

f:id:porcellioscaber:20150621215220j:plainシャープペンシルと比べてみました

重さはまあこんなものかな?という感じ。初代Nexus7の時と同じように、サイズ相応に感じられる。スマートフォンみたいに寝転がりながら手を下にして使ってるとさすがに辛い。

 

肝心なPCとしての使い勝手ですが、なかなかです。まず処理速度の面から。

予想よりCPUが速い!SDP2WのCPUなのに、passmarkのスコアは1070(2015.7時点)と初代ノート用Core2DuoT5600(1031)を上回っている。インターネットのブラウジング程度なら全く不満のない性能。

f:id:porcellioscaber:20150701231919p:plain

ストレージの速度もそこそこあり、シーケンシャルは遅いもののランダムはHDDより高速。スコアはオプションから暗号化を切った状態。デフォルトの暗号化onの状態だとランダムが大体2/3くらいの速度になります。速さを重視するなら暗号化をオフにするのも手。シーケンシャルだけ見ると遅そうに見えるかもしれないが、体感的にはかなり速く感じます。OSの起動は10秒代後半くらいで、アプリケーションの起動も速い。

f:id:porcellioscaber:20150701231918p:plain

買った当初はもう少し速かった気がしなくもない

 

ソフトウェアキーボードは使いにくく感じますが、これはWindows側の問題です。Officeも画面が小さく、キーボードが使いにくいせいで常用はしにくいですが、Bluetoothキーボードを使うと少し改善します。USBポートを変換してマウスを接続すれば画面の小さいPCとして使用可能。何かと便利なのでUSB変換ケーブルは持っておいて損はないと思います。

電池が意外と持つ。移動中のバスで3時間くらいテザリングの電波を使ってブラウジングしてみたが、消費は40~50%程度。充電がUSBなので電池が切れてもモバイルバッテリーで充電できるのも便利なところ。

当然ながら、Androidと違ってWindowsのソフトを出先で使えるのが強み。ちょっとWordで文書作りたいなぁとか思った時に使えます。

タッチパネルの方はまあまあで、悪くありません。安いので画質には期待していませんでしたが、きれい。視野角もそんなに狭くありません。ペンの感度は価格なり?調節しても四隅のどこかで2mmくらいずれてしまいます。何回かやってみたものの、角3つは合わせられてもどこかでずれてしまう。調節が下手なのかもしれませんが・・・。手でタッチする分には良好。少なくとも初代Nexus7よりは良く、今使っている携帯のSH-02F並には感じる。

 

欠点は容量が少ないこと。最終的な空き領域は大体11GB程度。SDで拡張できますが、速度は速くありません。気になるなら容量の大きい物を買いましょう。

他に気になるのはネット上の評判。買うときにも事前に知っていましたが、タッチパネルが反応しなくなる不具合が多いようです。原因は内部のケーブルの接触不良らしい。これが起きなければ私としては大満足なタブレットです。

 

ケースを買ってみました。専用品は高いので1000円で投げ売りされていた汎用タイプを選択。

f:id:porcellioscaber:20150621215749j:plain

中はこんな感じ。左の4つ出ている紐に本体の角を引っ掛けます。深く固定すると電源ボタンと干渉したり、タブレットの上部が少しはみ出したりとあまり良いものではないですが、画面を守るには十分です。右真ん中の太いゴムは手を通す部分。

f:id:porcellioscaber:20150621220029j:plainはみ出てる

 

安く買えたのもあるが、いい感じです。速い起動速度にそこそこの性能があって取り回しがいいですね。デスクトップやノートに比べて思い立った時に気軽に使える。

おまけ:某ブラウザゲームをやってみた。使用率は20~40%くらいで快適に動く。艦載機が飛ぶシーンは少し描画が重く感じるが、操作に問題はないです。

f:id:porcellioscaber:20150701234256p:plain