Ending OK!

懐中電灯が好きなんです

RYZEN機でRise of the Tomb Raider

6コア12スレッド、メモリ16GB、HDD3TBの環境になったメインPC。最近はその性能を活かしてゲームをすることが増えました。DOOM(2016)のフルHD最高画質も快適に動く環境でしたが、ここに来て重いゲームに手を出す。
トゥームレイダーシリーズをやるのは本作が初めて。正直なところ、原作が映画なのかゲームなのかも知らなかった。Steamのウィンターセールでお安くなっていたので、この機会にということで買ってみた次第。

画質設定は高画質で。調べてみればわかりますが、最高画質はかなり重い。フルHDでもGTX1070以上が必要になると思います。VRAM使用量がなんと7~8GBになるらしい。4GBモデルのRX470でも最初は動かないことはないですが、あっという間にメモリが一杯になってfpsが10くらいになります。そもそもGPUコアの性能が足りていないので8GBモデルを買ったとしても無理です。
このゲームはNVIDIAに最適化されているためか、OCモデルのRX570(コア1300MHz-メモリ1750MHz)でやっとGTX970と互角。DX12はRadeonが強かったはずですが、あまり伸びていません。1060とは10fps以上の差をつけられています。

www.tomshardware.com
なので、RX470なら最初から高画質目標で設定すべき。高画質なら、GPUのメモリ使用量は2.5~3GBほどに落ち着く。十分な画質を維持したまま負荷はかなりマイルドになるし、最高設定でなくても十分綺麗。よく見れば最高画質との差ははっきりわかるが、操作に夢中になっている時にそこまで細かい所見る余裕ないし……。

結論を言えば、RX470でも高画質なら快適にプレイ可能。設定は以下の通り↓

f:id:porcellioscaber:20180116210830j:plain使用している設定。SMAAは重くなるがその分綺麗

f:id:porcellioscaber:20180116210831j:plain高設定にしつつ異方性フィルタリングを4X→8Xに変更

f:id:porcellioscaber:20180116210832j:plain個人的には不要と思ったブラー系とフィルムグレインをオフ

f:id:porcellioscaber:20180116210833j:plainコアクロック1325MHz-メモリクロック1750MHz時(上の設定+垂直同期オフの状態)


高画質に下げれば基本的には60fpsが維持できるが、マップによっては50fps程度まで落ちることがある。ちなみに1325MHzにOCしてこの状態なので、ある程度の割り切りが必要。

f:id:porcellioscaber:20180116210824j:plainこの辺は重いので51fps

f:id:porcellioscaber:20180116210825j:plain57fps

CPUの負荷は30%程度(MSI aterburner読み)。6C12Tを効率的に使っているかは分からないが、さすがに余裕がある。一方で、メインメモリの消費量はなかなか多い。高画質設定でも7GB前後の使用量で推移していた。メインメモリは16GBほしい。

f:id:porcellioscaber:20180116210826j:plain

f:id:porcellioscaber:20180116210827j:plain

f:id:porcellioscaber:20180116210828j:plain

f:id:porcellioscaber:20180116210829j:plainスクリーンショットなので劣化していますが実際はもっと綺麗です

コンピュータの負荷の話ばかりしてきましたが、ゲーム自体はとても面白いです。内容としては、主人公が宝を探しながら敵を倒しつつ冒険するTPS。即死要素が多めですが、幸い死亡してもチェックポイントから再開でき、ペナルティがないので気軽にコンティニューできます。やられても安心なので、アクションゲームが下手な自分にも楽しめる難易度です(進行度36%時点)。マップに散らばっているアイテムを集めて武器を手に入れたり、強化したりして主人公が強くなっていく。自分がやったことのあるゲームの中ではゼルダの伝説時のオカリナ)にちょっと似ているかもしれません。雰囲気もアクション性も全然違いますが、謎解き+アクション+探索要素があるところが近いかも。しばらく楽しめそうです。

現在の構成
【CPU】 Ryzen 5 1600@3.8GHz・1.25V
【CPUクーラー】 zac-freezer13
【メモリ】 TED416GM2133C15DC01 16GB@DDR4-2666 16-16-16-35
マザーボード】 ASRock AB350M Pro4
GPU】 HIS IceQ X2 Turbo RX470(1256→1325MHzにOC、0.018Vオフセット)
【電源】KRPW-AK650W/88+
SSDSanDisk SDSSDHP128G
【HDD】 Seagate ST3000DM008
光学ドライブ】 TS-H653T
【ケース】 IN WIN G7
【OS】 Windows10 Home

f:id:porcellioscaber:20180116214716j:plainRX470のオーバークロック設定。1325MHzにしたのはRX570 Nitro+と同じ周波数にするためです。IceQ X2 Turboは6ピン*1のボードですが、電圧を少し下げつつOCすることでなんとか150Wの範囲でOCしています。
温度が心配になる所ですが、高負荷でも70℃前後なのでOKです。